エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

お金を払いたがらない承継者・税理士、どうしてでしょう?

投稿日:

昔からよく言うのですが、税理士は30万とか50万、そして300万円の詐欺によく引っかかる、と。

税理士事務所がセミナー受講で、将来的には数億円の売り上げの事務所に成長するとか。

おいしいネタを満載にして、税理士事務所をターゲットにした商売が繁盛していたのも事実。

”騙された”と判っても、「いい勉強になった。その受講料だ」とやせ我慢をするのも税理士。

しかし、税理士の金銭感覚を疑うことにもなる事例が飛び込んできた。

ある税理士に、月額7万円の顧問料報酬を払う顧問先を、紹介したという人物からの話。

いわく、友人の社長を紹介し、その年間顧問料は100万円を超えていた。

紹介したときに、「お礼に」と、お寿司屋で一杯共にしたという。

それから後は、友人の話は一切なく、時に税理士に聞けば、好調ですよ、程度。

この100万円という顧問料は数年後に分かったのだが、すでに10数年がたっている。

その間、税理士の努力もあったのだろうが、顧問を継続。相当の顧問料収入が入っている。

「おかげさまで、紹介してくれた○○社さんは本当にいい顧問先です。ありがとうございます。」

そんな言葉は一言もないという。

その税理士だが、数年前からスポーツタイプのベンツで友人の会社に乗り付けるという。

その話を聞くにつけ、自分が紹介した顧問先からの顧問料がベンツになったと考えた。

一杯飲んだだけでおしまいかい。

ベンツを買えるまでになれたのは、誰が応援したから?

もちろん、その個人事務所は、現在4,5人の事務所規模を脱することはできていない。

所長の元気がなくなれば、自然と枯れていく事務所だろうが、いただくだけでいいのだろうか。

もしも、その顧問先の紹介者にそれなりの礼を尽くしていれば、さらに紹介も出ただろう。

十数年前の7万円の顧問料、これは個人事務所ではかなり高額。今だったら半額。

それを継続できたのはもちろん、先生のご苦労もあったのだろうが、支援者を失ったのは残念。

でも、そのことを実際、残念と感じてはいないだろう。

騙されて、30,50万円を無くすことより、一人の支援者を無くす方がつらいと思うのだが!

自己の成長に投資するのは当然。結果として騙されても、それこそ授業料とでも考えているのでしょうね。

そう、これは決して悪口ではありません。

そんな環境に税理士さんがいるという、一例を挙げただけの話です。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.