エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

さすが、事業承継でも、値引き交渉は関西流!!

投稿日:

税理士事務所で事業承継をする際に、弊社が間に立って、種々の条件をクリアします。

もちろん一番の問題は、事務所の評価になりますが、両者が正面から渡り合うことはありません。

そう金額等でもめて、交渉が暗礁に乗り上げてはいけませんし、お金のことは任せるのが普通。

引き渡す側は高く、しかし引き受ける側は少しでも安くと考えるのが普通。

首都圏では、弊社が評価をした金額に関して、双方が異論をはさむことはほとんどありません。

ところが関西では、両社が面談した折に、こちらの評価を明らかにしますが、その場では笑顔で対応。

一生で一回、譲り渡す先生は最初で最後のことですから、当方もどちらかと言えば、譲り手側に。

とはいうものの、評価を中途半端な形にはしませんので、決まったことは守っていただきます。

そこで、一応の評価を聞いた時点で、必ずと言っていいほど、関西では値引きの話が出ます。

コストを下げるのは経営者として当然のことですが、事業承継の評価を低くして欲しいというのです。

その理由は、必ずお客さんは減るだろうし、顧問料の値引き交渉にも応じなければならないから。

高齢の先生の場合、昔からの顧問料を継続しているため、世間相場より高い傾向があります。

その一方で、顧問料の値引き交渉を想定する引き受け手は、最初から評価を下げておきたいのです。

この点に関しては、当社でもそれらの条件を勘案したうえで、評価をし、それも明確に説明します。

交渉に入る前の候補者選定の際にも、この評価方法などを十分説明すし、理解を求めます。

いざと具体的な数字が出るとなると、なぜか忘れられてしまいます。

「それでも何とか」という話になりますので、一応は譲り渡す側にはそれとなく交渉をします。

この段階で、譲り渡す側の心証は、明らかに悪くなります。

あくまでも交渉の仲介者である弊社の担当者が悩むわけですが、何とかその解決策と探します。

しかし、具体的な解決策が見つからず、交渉が暗礁に乗り上げることもあります。

ですから、無理な値引き交渉をすると、最後の機会を台無しにされた先生はご立腹です。

譲り受けた後も引継ぎなどの業務が続きますので、無理な値引き交渉は禍根を残すでしょう。

同時に、仲介者としても、このようなケースがあると、次回以降の案件紹介はできなくなりますね。

お渡しする先生のお気持ちは決して”笑顔”ではないはずですので、その点をご記憶ください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.