エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

よくある質問です。承継後にどれくらいの顧客が契約解除します?

投稿日:

「友人に聞いたら、2年で半分になったと、嘆いていました」と言うのです。

とても信じられない話です。

余程、承継先の対応が悪かったのではないでしょうか?

原因は分かりません。

多分詳しい話は一切せずに、”半分”という言葉が独り歩きしたのでしょう。

承継希望者の場合、まずリスクを考えます。

承継の対価の額を少しでも低くするというのは、経営上賢い選択です。

多くのリスクを考えることにより、交渉の幅は出てきます。

譲り渡す側も、それに対して反論をします。

例えば、引継ぎに全力を尽くし、客離れがないようにするといった約束をします。

この約束がしっかり守られると、客離れはほとんど起きません。

つまり、信頼する後輩に顧問先をお願いすると言えば、お客さんも信用もします。

経営者が自分で開拓したお客さんには、それ相応の対応をしますが、引き継いだ顧客はどうでしょう。

信頼関係をまず作らなけいけないという、脅迫観念があります。

譲る側の先生の責任で、承継者への信頼を確立してほしいとも考えます。

お客さんはこれまで世話になった、信頼できる先生の選んだ人だからと、信用もするでしょう。

しかし、あまりの尊大な態度をとったり、客を大事にしない姿勢を見れば、客は離れていきます。

難しい選択ですが、一概にどれほどのお客さんが離れるかは言い切れません。

ただし、先生も残り、担当の職員も残った場合には、ほとんどのお客さんは離れません。

例外として、承継の際に職員が辞め、お客を持って他の事務所に移ってしまう場合は別です。

その辞める理由は、譲り渡す先生がご存じのはず。

そのような場合は、当然対価は減額されます。そうしなければ話はまとまりません。

ただし、1年後とか、2年後に顧客が離れるのは、承継した先生に原因があると考えられます。

サービス業・客商売は難しいですね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.