エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

経営者が代わる、職員の不安の解消法は?

投稿日:

税理士事務所は所長個人の”魅力”で経営されている。

その所長さんが高齢や病気を理由に、引退を表明する。

その時点で、自らも定年を感じて辞める人も出てくる。

しかし、家族を抱えて、路頭に迷う人も。

中高年ともなると、今の時代なかなか次の仕事はない。

これらの職員のことを考えると、勝手に事務所を閉めるわけにもいかない。

それだけに事業承継は、これらの問題を解決できる唯一の手段。

そこで、承継してくれる先生や税理士法人を探すことになる。

相手が見つかり、職員に話をすると、「まだまだ辞める歳でもないでしょう」などと反対をいう。

新しい先生はどんな人かわからないし、これまでに職場を代わったことがない人もいる。

転勤もなければ、地元で仕事ができると、会計事務所に職を求めた人も少なくない。

それだけに、職場環境が代わることには反発を感じる職員も出てくる。

そんな不安を解消するためには、承継する先生が精一杯、誠意をもって対応するしかない。

辞めていく先生は、一日も早く責任から逃れたいと思うのは素直に認めている。

従って、職員をそのまま引き受けてくれる先生には、感謝の一言しかないのも事実。

「前の先生と同じ待遇で、同じ環境を作ります」とは言っても、個人事務所ではこれも難しい。

事務所は一つしか持てないので、職員は前の事務所から新しい先生の事務所の職場は変わる。

その事務所の職員と相性良く仕事ができるかどうか?

前の事務所で番頭さんをやっていた人が、新しい事務所では一事務所員になれるだろうか?

この場合は新しい先生も大いに悩むはず。

承継した事務所のことはそちらの番頭さんに任せて、徐々に融和を図っていくしかないだろう。

厄介な”事業”を請け負うことにもなるのだが、引き受ける以上は腹を決めるしかない。

やはり、職員不安を受け止め、誠心誠意対応するしかないだろう。

それが一番の不安解消法ではないだろうか。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.