エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所・事業承継も視野に、経営を考える!!

投稿日:

譲り渡す側は、税理士さんが交渉の相手になりますが、引き受け手は事務担当者が担当することも。

承継希望の税理士さんは必死です。ここ数年、顧問料の減収はこれまでに経験したことのないほど。

先日お会いした税理士さんも、「良い時で、2億円の売り上げはありましたが、今は1憶五千万円です」

地方都市で、大手企業が撤退し、その関連会社も同時に減少。

♪誰のせいでもありゃしない、なんて歌がありましたが、会計事務所には何の責任もありません。

ただ、製造業が日本国内から海外に転出し、その下請け会社もなくなってしまったのです。

地方都市で頑張っている税理士事務所が、それらの企業とともに海外に行くなんてできない相談。

当然売り上げは減少したままですから、事務所の規模を縮小するなどの対策が必要です。

今回面談した事務所の所長さんは、「人員カットはしていません。給与も下げていません」という。

ということは、収益が単純に悪くなっているということ。それでも事務所は成り立っています。

もちろん、コストをカットし、所長の取り分も大幅に減少していますが、我慢我慢です。

しかし、いずれ人員カットなども考えなければならないところですが、営業範囲を拡大策を取りました。

これまでは車で1時間かかる顧問先が限界でしたが、それを2時間までとしました。

これにより、コストはかかりますが、顧問先を増やすことに成功。

だが、このままでは息切れをしてしまいます。そこで、経営環境の良い地域への進出を考えています。

単純言えば、支店を出して、新たな顧客の創造をしようというのです。

とかく保守的な税理士事務所経営者が多い中、この事務所はまだ個人事務所として元気です。

もちろん、支店を作るには法人にならなければいけませんが、業務提携なども視野に入っています。

あらゆる角度で、生き残りを図る、その方策を考えている、そんな事務所が増えてきています。

不況業種と言われる税理士事務所、まだまだ元気な事務所が各地方に存在します。

経営に関する情報にはそっぽを向けている税理士さんが多い中、大いに参考になります。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.