エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

少ない顧問先の承継ですが、30年の歴史があります!!

投稿日:

昨日も顧問先の数は少ないけれども、経営統合することにお客さんが大賛成という話を書きました。

今日は、先生が創業以来3年間も無申告であった法人の顧問として、税務調査なしの事例です。

税理士になって40年、独立開業して35年。ここ数年は病気との闘い。

顧問先も自らの病気との相談で、少しづつ減らしてきたところ。

今年になって、脊椎管狭窄症や大腸がんの疑いで、入院すること1か月。

さらに、脳梗塞の疑いがあり、手術を含め、約2か月間の入院治療が必要という医師からの宣告。

税理士さんからの電話を受け、事務所に伺うと、歩くことも大変な状態。

さらに手術が待っているというので、早く顧問先を引き継ぎたいという。

その数は7件だが、その顧問料収入は800万円を超える、良い顧問先。

ところがその顧問先の2社が兄弟会社で、顧問料の大半を占めている状態。

これは受ける税理士も大変。その2社の経営者に気に入られなければ、承継はアウト。

この2社が引き継げられれば、税理士事務所として大助かり。

経営統合を考えてる入院・手術待ちの先生としては、とにかく早く相手を探したい。

お相手を探しましたが、この2社の社長に会って話をしてからでなければ、経営統合はできない、という。

至極、当然の話。でも、先生は顧問先の社長に対して、30年来の誼を強調。

さり気なく、自ら信頼する税理士を後任税理士として受け入れるよう、社長たちを納得させた。

この企業の成長に今回の経営統合の税理士がいかに尽力したか、ただちの証明されました。

つまり、顧問先の社長から「先生が紹介する先生なら満足です」

案ずるより産むが易し、まさにその通りの展開になりました。

これも、顧問として30年も付き合ってきた賜でしょう。

先生もこれでゆっくり病院生活ができまるというのが、少し残念です。

こんな事例も出てきています。いつでもご相談ください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.