エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

やはり帰省するお子さんに相談する税理士さんも!

投稿日:

以前から、この夏休みシーズン後に、事業承継の話が飛び込んでくると書いていますが、それが証明されています。

先週も九州に行きましたが、このご相談もお盆後に最終的は判断をするために、事前に話を聴きたいというものでした。

さらに2週間前には、東京で数年ぶりに連絡が取れた先生から、この暑い夏を過ぎたら考えますと、言われました。

夏真っ盛りは、じっくりと面談した決着をつけるということはあまりありません。

暑さで考えも集中できないこともありますし、相手の話を聞くまでにならないようです。

しかし、ご自身の職を解く話ですから、お子さんたちにも了解を得たいというのが本音。

特に奥さんも旦那さんが高齢になれば、お客様に失礼はないかと少々不安と常々考えている方もいる。

「もうゆっくりしてくださいよ」と言う反面、いつも家にいてもらっても困るというのも、これまた偽らざる気持ちとか。

その調整が難しいところだが、やはり背中をしてくれるのを待っているという先生もいる。

その役割を当支援室が結果的に行うことになるケースも、かなりの数に上る。

先日も決着を見た83歳の先生の場合、ご自身では3年前の相談時にすぐにでも辞めかったという。

しかし、職員3人のことを考えると、話し出せずにいたという。

久しぶりに当支援室から連絡をすると、すぐに事務所に来た欲しいとのこと。

職員さんたちもいる事務所では話ができないでしょうと言うと、「いや、聴かせたいのだ」

そうなんです。自分から話すのではなく、それとなく職員に聞こえるように話がしたいということ。

このようなケースはほとんどありません。職員には話が決まってから話すというのが普通。

しかし、聞こえるように話してくれと言う要請でしたので、行ってみました。

先生が職員3名を見ながらする形の机の配置。先生の横で話をしていれば、話はつうつう。

その結果、一番若い職員56歳が辞めると言う決意表明があり、すべての職員が辞職を決める。

先生は一人残って、承継者への引継ぎを現在も続行中。

暑中見舞いのハガキとともに、「非常に楽な気持ちです!」と一筆書き添えてありました。

肩の荷が下りたのでしょう。その影響で、体調がおかしかった先生が元気になった例もあります。

その一方で、ボケが進んだという先生もいますが、それはお歳のせい。

病気でも何でもありません。

お子さんたちもひと安心。常々、自動車の運転免許を返上するように主張されてもいました。

そこでピタリと免許を返上。地方都市では不自由だが、歩くようになって健康になったもという。

いずれにしてもこのシーズン、会話がなかった親子に会話が戻ることが増えそうだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.