エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

名義借りを解消し、法人入りした職員の奮闘ぶり!!

投稿日:

昨日うれしい連絡が入りました。

当支援室が事業承継するに当たり、特にチェックするのが名義借り。

昨年のこの時期にある地方の事務所から連絡がありました。

それによると、税理士である父親が4年前に他界。その後、息子さんが名義を借りて事務所を運営。

しかし、息子さんも70歳に近いということもあり、事務所を辞めたいという話。

そこで、お話したのが、30年以上お付き合いのあるお客さんを突き放すのは、いかがなものかと。

お客さんたちに新しい税理士を探させるのは、無責任ではないか。

当然名義借り状態では、脱法行為となるので、すべてのお客さんを引き連れて法人に移ったらと提案。

若い先生の下で仕事をするのはつらいということだったが、たまたま紹介した先生が同じ地域の出身者。

両者が会った時にすぐに意気投合し、法人のの職員として、今まで通りの業務を行うことで了承。

法人入り後の情報は経営者である税理士さんから、折に触れ報告され、順調そのもの。

高齢者の経験が若い職員たちにもいい影響となり、飲み会などにも出席し、和やかな仕事ぶり。

そんな状態で1年が過ぎ、なんと一件もお客さんが離れず、見事に法人のお客さんとして定着。

法人の代表者からも「本当にありがたいことです」、との電話。

税理士である親が無くなり、名義借りでお茶を濁しているケースが多く見受けられる。

しかし、血のつながった方がその事務所に勤務し続けている場合には、お客さんは離れない。

しかも、息子さんなどが適格な業務を行っていれば、先生との付き合いの継続ともお客さんは考える。

とはいうものの、親父さんお下で働いていた人が、他人の税理士の下で再出発するのは難しい。

なかには、途中で辞めて行く息子さんたちもいるが、そうなるとお客も離れることがある。

今回のケースは大成功の事例。自らもサラリーマン生活10年の経験が、生きている良い事例だ。

定年年齢を過ぎた今、名義借りを辞め、元気に若い職員たちと業務を楽しんでいる姿に乾杯!!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.