エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

顧問先が少なければ、承継は単純か?

投稿日:

税理士さんの”賞味期限”といえば失礼だが、高齢になるとどうしてもサービスは低下する。

動きも鈍くなり、顧問先からの要望にも迅速に対応できなくなる傾向も強い。

自身では若い時となんら変わりがないと思っていても、「うちの先生も歳とったな」。

付き合いが長くなればなるほど、お互い言いたいことも言えなくなっていることもある。

その結果、先生のいいようにやってもらっています、ということにもある。

高齢の先生もこれまでの”習慣”を変える気がないから、時代遅れにもなる。

なかには税法が代わってのに気付かず、改正前の法律をそのままだったりもする。

先日聞いた話では、毎年確定申告が終わると、申告書を送ってくるのだが、今年は来ない。

税額も分からないから、申告書が提出されていたとしても、税金は納付していないという。

申告期間が過ぎてから1月以上経ったある日の事業所得者との話だ。

そのご確認したが、黒字で申告書は提出されていたが、税金は未納。

延滞税は税理士さんが払ったが、「もう来年はほかの先生に頼もう」となったのは、当然。

こんな先生から事業承継をお願いしたいと言われても、はたして受けてくれる先生はいるだろうか。

新規のお客が少ない税理士業界だからといって、簡単に引き継げないこともある。

さらに少なくなった顧問先の場合、活きのいいお客さんはすでに他の税理士の所に。

残ったお客は、税理士にそう期待はしていない小規模で、こちらも”賞味期限切れ”。

そうなると、顧問料もそれほど期待はできないし、多分に記帳代行を必要とするお客。

なかには確定申告の時に、一年分の領収書などを持って、「先生、今年もよろしくね」

さらに引き継いだはいいが、一年も経たないうちに「商売はもう辞めます」と廃業するお客も。

承継する先生も採算が取れないことを理由に、話の途中で断る人も出てきます。

つい最近処理を終えた案件でも、予想した以上に顧客の内容が悪いので、話が途中でストップ。

確かの顧客に内容をよく訊いてみると、青息吐息のお客が半分にもなる状況。

譲り渡す先生も「もう少し早くすればよかった」と”反省”するのだが、時期は少し遅すぎた。

それでも、引き継ぎができない顧問先をカットして、残りのお客だけを引き継ぐことで一応決着。

カットされたお客さんは先生が引き続き面倒見ることになったが、安心して引退ということにならず、

「ボケ防止のためにもいいよ」とはいうものの、果たしてどうなるのやら、心配だけが残る。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.