エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ブログに怒りを表す人も!でも、分かるのは本人だけ!!

投稿日:

このブログは、税理士事務所の承継に関することしか書いてない、マニアックなもの。

というより、事業承継に悩む先生やその承継希望者だけを対象にしたもの。

どのように対応すれば、事業承継が円滑に行われるかの観点だけで書いています。

時には、事務員の悪い点なども書いていますので、この点気付いた人から文句も来ます。

どこの事務所が対象かは、所長さんにしかわかりませんので、そうそうある話ではありません。

ところが、先生も事業を辞めるのは、たった一人の職員などの場合には、この限りではありません。

というのも、先生自らが、その職員に相談したうえで、事業承継を決意することが少なくない。

そこで、職員がこのブログを読み、その際に”タイミング良く”、その事例のデフォルメいたものを書いた時。

悪口ではなく、失敗例などを書くときに、職員が壁になることは少なくありません。

それも、その職員が重要な役割を務めていることで、仲介者である我々と少々の摩擦が生じます。

そんなことを書いてしまうことがあるわけで、これも実例がなければ書けないこと。

それだけに、自分のことが悪く書かれていると”解釈”し、こちらに怒りの矛先が向けられます。

先生はそんなことはどこ吹く風。そういうこともあるでしょうねと、涼しい顔。

こちらは職員さんに背を向けられ、事業承継の話が壊れないよう、十分注意をします。

本当は事業承継の話はトップ会談ですべてが終わるのが、一番です。

経営者同士の話ですから、株主でもない従業員が大きな顔をして出てくることは、ご法度です。

それでも、職員の相談したうえでという先生もいますが、果たしてそれで良いのでしょうか。

自分のことが書かれていると思う従業員は、それだけ業務に真剣に対応しているのですが、経営は別です。

先生の判断がすべてを決める。そうでなければ、経営はできません。

事業承継支援室長
大滝二三男

7日の小倉のセミナーはまだ空席があります。受講希望の方は、0120800058 までお申し込みください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.