エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

従業員が耐えられるでしょう?所長の優しいところです。

投稿日:

高齢の税理士になればなるほど、事務所の職員も、所長と同じように高齢になります。

30年以上も同じ業務をやっていれば、新しい業務を担当することは難しくなります。

職員の言うがままに、事業承継業務を展開していくわけにもいきません。

従業員にとって、事業承継は実に面倒くさい、業務です。

というのも、税理士さんがいなくても、実は税理士事務所の仕事は進みます。

職員だけで、実は確定申告業務は、十分こなせますし、こなさなければいけません。

事実、ほとんどの事務所で、今週末を待つまでもなく、確定申告業務は終わっています。

しかし、この後に3月決算の仕事が続きますので、ほっとできるのも一瞬です。

そんな折に事業承継を進めると、気分の高揚した職員からのブーイングも出てきます。

さらに高齢化した職員には、まったく新しい経営者の下で働くことに危惧を感じます。

気心の知れた経営者の下だから、充実した仕事ができていた、という自負もあります。

20年以上も変化のなかった事務所の大変革ですから、心穏やかではありません。

子育ても終わり、生活にも追われなくなった状況では、ひょっとすると、これを機会に退職?

新しい経営者にとって、ベテランの情報は得難いものですし、お客さんとの交流も重要です。

彼らがいなくなると、お客さんもいなくなってしまう恐れがあります。それだけは避けたい。

しかし、ベテラン職員が事務所運営に障害になってはたまりません。

そこで、譲り渡す側の先生の腕の見せ所。気心が知れていますから、”解決策”を提示できます。

ベテラン職員が実力を発揮し、うまい具合に事業承継が行われてる事務所も数多くあります。

そんな事務所の例を数日前にも書いておりますので、参考にしてもらえます。

でも、慎重に事を進めませんと、従業員の”反乱”があることもあります。

過去に女性4名が事業承継に反対し、83歳を超えた今も税理士稼業を辞められない先生もいます。

優しい先生だけに、従業員の働き口を確保し続けているわけです。どちらが良いんでしょうか?

事業承継支援室
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.