エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

枯れていく税理士事務所の職員の給与は高止まり!!

投稿日:

年功序列、終身雇用の体制では、会社の経営がうまく行かなくなると、賃金倒産も起きます。

現実に、今の中国では、企業の命運は労働者の対応いかんで、決まってきます。

そこには経営者に従順な労働者の姿を見ることはできません。

国内でも、中国人の経営する様々な企業が存在します。

日本にきている、名目留学中の、才覚のある中国人は、給料は安くても、大いに働きます。

今現在だけの仕事ではなく、将来につながる商売を模索しています。

それは本当に生きる力を感じる人たちですし、賃金などはそれほど問題にしません。

自らが稼ぐことに精一杯ですから、人からもらうことなどあまり関心がありません。

ところが、わが国のサラリーマン事情は、相変わらず”親方日の丸”です。

中小零細企業を顧客にしている会計事務所では、職員の移動もそれほど多くはありません。

というのも、税理士事務所は基本的に現金商売ですから、”倒産”することは考えられません。

だからといって、税理士事務所が高給取りの仕事場と考えると、これまた大違いです。

昔から、税理士に挑戦する若者たちが、仕事をする場ですから、賃金は高くありません。

とはいうものの、高齢に達した税理士さんの経営する事務所では、賃金の比率が著しく高くなります。

つまり、新しい顧客はゼロ。授業員の給与は、年功序列で高止まり。

税理士であり、所長である先生は、運転資金をねん出するために、個人の年金も使っている例も。

もちろん、大部分の税理士が、そのようなことをしているかといえば、答えのノーです。

そんな事務所に限って、職員への労働分配率は、70%を超える事例もあります。

労働分配率50~60%が税理士事務所の最高水準ですが、これをはるかに上回っています。

このような事務所は少なくありません。先生も高齢ですが、職員も定年を過ぎた人たちです。

定年を過ぎたら、給与は少なくなるのが普通。でも、定年制を敷いていない税理士事務所ではそのまま。

営業のできなくなった所長さんの下で、仕事を継続できる高齢の職員は”感謝”こそでしょう。

先生より高い給与を手にできる人は幸せですが、それで事務所が回らなくなります。

そんな事実を知りながら、高い給与を手にしているとしたら、どうでしょうかね??

やはり、引き際というのは、難しいですが、だれもが考えなければいけないことなんでしょうね。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のお悩みは、0120800050 e-mail fumio-o@np-net.co.jp にお気軽のご連絡ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.