エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ニセ税理士は疲れる。でも辞められない!!

投稿日:

税理士事務所の経営者である税理士さんが、仕事をできなくなったとき、その責任は?

経営者としては、自らの責任で職員を解雇するなりして、税理士事務所を閉鎖するでしょう。

でも、その日から職員たちの生活が、危機に瀕します。

現状では、新たな雇用先を見つけるのはかなり難しいことは明らかです。

先生が60歳以上で、独立後30年を経過していれば、資産もそれなりに蓄えているはず。

しかし、職員は一般的に税理士事務所の給与は安いので、子育て世代であれば、もう大変。

自分たちの立場を考えると、税務会計業務に精通しているので、自分たちで十分こなせるとの判断も。

積極的な人たちは、自らの生活も考え、税理士なしの業務を展開することを考える。

これは当然税理士法に違反するのだが、抜け穴はある。

税務署OBなどで、高齢になった税理士に名前を借り、署名捺印も代行する。いわゆる名義貸し。

20年以上、某計算センター名で記帳代行を請負い、その実態は税務申告書の作成・代行も行う。

数年前にその代表者の息子が税理士資格を取得し、やっと他人の名義を借りなくてよくなった。

とはいうものの、この記帳代行会社の責任者(76歳)は申告書の名義が息子に代わっただけ。

実際の金銭の授受は親父で、過去にニセ税理士をやっていた人。

自分が資格を取れなくて、息子に期待をかけ、それが”見事”に実現した”幸せ者”。

しかし、現状でもその経営には疑問が残る。経営の主体があくまでも元ニセ税理士のまま。

ここまで来ると、もう辞められないのでしょう。顧問先からは現在でも”先生”と呼ばれている。

息子さんが立派に税理士資格を取り、事務所も経営もしているのだから、事業承継しても良さそう。

でも、なかなか社長はを止められないのでしょうね。引き際は本当に難しい。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.