エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

顧問先を持って、転職した会計事務所職員!!

投稿日:

正確には「転職」ではなく、他の税理士事務所にお客さんともども移った職員のこと。

先日お会いして先生の事務所も、開業40年を超える歴史ある事務所。

先生も80歳を超えて、そろそろ引退を考え、当支援室に連絡をいただいた。

職員は3名だが、そのうちの男性職員はお客さんを連れて、他の事務所から移ってきた。

もうかれこれ20年以上前の事。当時、その職員は税理士試験し挑戦中、4科目に合格。

残り1科目という状況で移籍。その時の条件が、5科目合格まで、お客さんを預かってほしいというもの。

業務はもちろん、その職員が担当し、先生はその申告書をチェックするだけの状態。

いわば、事務所内”名義貸し”。売り上げもその職員のものとし、それ相応の経費も負担。

先生は税務署対策上、税務申告もその職員の売上、経費も自分名義で申告。

その職員の給与は、売り上げから経費等を差し引いたものを、事務所から給与として給付。

このような変則的なことが、長く続くとは考えてもいなかったという。

というのも、残り1科目をすぐにでも合格し、税理士として独立。

その際持ってきた顧問先と一緒に出ていくので、事務所を貸してあげている程度にしか考えていなかった。

所が何時まで経っても試験には合格できず、一時的と考えていたものが、なんと20年以上に。

税理士を卒業しようと考えていたのだが、その職員の事が気がかりで、事務所を閉鎖できずにいた。

でも、限界と思ったのが数年前、会計システムのリース契約が切れる時に廃業する腹を決めた。

こんな正直な先生もいらっしゃるわけで、”名義借り”を続けた職員は感謝こそすれ、文句を言う筋ではない。

もちろん、先生にも当局には明言できない”後ろ暗さ”はある。

しかし、その職員の売り上げも正確に合算して申告しており、脱税行為はもちろんない。

この引退劇で、その4科目合格、顧問先を持ってきた職員も一緒に引退する決意を固めることに。

本当に税理士事務所の形はいろいろあるものだと、日々感じている次第です。

この先生の「引退の花道」は、しっかり当支援室で飾らしていただきます。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.