エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

親子税理士事務所はハッピー!?

投稿日:

後継者難のこの時代、親の期待を背に、難関の税理士試験を見事通過してきた人々は幸せ者。

というよりも、自らの血族から、事務所の後継者候補を出せた親の税理士ほど幸せ者はない。

そんなことを言う人がいる。

先日お会いした親子税理士にその話をすると、「そうだ、親父、俺は親孝行したんだ」と胸を張る。

父親の先生は、「そうかな?」と笑顔で笑っていたが、確かに後継者に悩む人に比べたら…

その事務所は親子で税理士法人を設立し、別個の事務所で日々の業務を行っている。

そのため、日常業務は事務所単位。二人とも”司令官”としての責務を果たしている。

それだけに、日頃の事務所経営は干渉することもなく、収支も独自に計算。

金庫のカギは双方が持っているので、こちらも混乱することがなく、理想的。

もちろん、親から見て、注意すべきことはしっかりとアドヴァイスをしている。

こんな例は少ないが、親子で事務所を経営するものの、実印と金庫は親が握っている例も。

90歳を超えた親と団塊の世代の息子、職員にはもう数年前に「代表は息子」と宣言。

息子の税理士もその気でいたが、いつまで経っても、実印と金庫のカギは渡されぬまま。

判子と鍵がなければ、単なる”前線の指揮官”。事務所のお金をいじれないわけだから悩みは深刻。

職員への指導力にも”陰り”が見える。

「いつまで経っても認めららない先生がかわいそう!」といった影の声もあるようだ。

しかし、鍵や判子ばかりでなく、実際の経営にも口を入れさせない80を超えた猛烈親父も。

「俺の言うことを聴け!まだ所長椅子はわたさない」とはっきりと職員にも宣言しているその先生。

2年ばかり息子さんも一緒に仕事をしていたが、いつまで経っても”後継者のまま”についに切れた。

「もう付き合いきれない」と事務所を離れて独立。

その後もごたごたし、最終的には”親子の縁”を切るまでになってしまった。

ここまで来ると、子供が後継者の資格を手に入れたと言って、即親孝行かといえば、疑問が出てくる。

なかには、子供が資格を取ったが、事務所は継がないということで、当方が仲介したのも数例ある。

やはり、個人事業の様相が濃い税理士業務を親子だかといって、一緒にはできないものなのか。

でも、親子で経営するハッピーな事務所の方が、仲違いする親子より多い。

”血は水より濃い”、その通り。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.