エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

支店経営に気づき始めた中規模税理士法人!!

投稿日:

後継者が欲しいという個人事務所経営の税理士さんは大勢います。

多分、自らの引退の花道を後継者作りで飾りたいと考えるのでしょうか。

それとも、自身の影響力を最後まで残して、トップのまま、税理士生活を終えたいのでしょうか。

後継者が欲しいという時に、思わずその本音が見える時があります。

代表権は後継者に譲り、自分は会長としてしばらく、昔ながらのお客さんとの交流を続けると。

相談役には簡単にはなりません。あくまでも会長で、いざという時には”社長”復帰できるようにと。

でも、この数年、後継者を決めている中規模税理士法人で、支店経営を目指す傾向が出てきました。

地域的にはあくまでも同一県内、あるいは同一経済圏を希望するものですが。

税理士業界を囲む経営状況が良くなっていない中、なぜこういった傾向が出てきたのでしょうか。

それは、若手の税理士が個人事務所を希望せず、税理士法人を”職場”と選んできたからです。

このため、中規模税理士法人では、税理士資格を持つ職員が、大きな構成割合を持つようになりました。

資格を持っていない職員と同等の仕事をやらせておくのは、組織として成長の道を閉ざすことになる。

この10数年、税理士資格を取ったからといって、勇んで独立開業することも大幅に減少。

開業できるのに、しない税理士を多く抱えた経営者は、それなら税理士法人の支店長を任せようと。

先日会った首都圏の代表社員税理士も「30歳そこそこだが、支店長にしたら、大きくに伸びたんだよ」

それも経営者として組織を見ることができるようになり、経営の質も変わりつつあるという。

自らは個人事務所歴30年の大ベテランだが、支店経営のメリットをこう語る。

若手税理士は開業を望まず、サラリーマンとして支店長重役で満足する傾向がますます強くなる。

もちろん、税理士法人から部門ごと税理士法人として独立することも、増えつつあるのも確か。

しかし、法人が増えることで、税理士の社会的な評価も高くなるだろうから、この流れは大歓迎でしょう。

自ら作り上げた個人事務所を税理士法人の支店として承継させる、この傾向はますます強くなっています。

事業承継支援室長
大滝二三男

9月25日、弊社セミナールームで「税理士事務所の事業承継セミナー」を開催します。
参加希望者は、フリーダイヤル 0120800058 または、e-mail fumio-o@np-net.co.jp
でお申し込みください。 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.