エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継のタイミングは?

投稿日:

税理士として、営々と築いてきた”お城”である事務所を、他人に承継する。

その判断はどのような時に行われるのだろうか。

自らの経営に対する気力・体力に疑問を感じた時が、その端緒だという。

それでも、日常業務に心を奪われているときには、辞めようとは思わない。

職員の予想にもしなかった大きなミスを、把握することができず、お客さんに迷惑をかけたときなのか。

そうでもない。そのミスをカバーしようと、職員を叱咤激励し、自らも奮い立てる。

そんな時期がふと過ぎた時、「そろそろ限界かもしれない」と、思うという。

自ら築き上げた城を開け渡す時に、税理士さんはどんな考えを持つのだろうか。

やはり、渡したくない。一生続けることができるなら、死ぬまでやっていたい、と考えるという。

でも、引き時は自ら決めなければならない。

資格ビジネスでなければ、後継者はいくらでも育てることができた、と主張する先生もいない。

税理士は私一人でいいと言い続けた先生だから、後継者を育てなかったは当然の事。

一度引退を決めた先生は、後継者不在などどうでもいいこと。事業を承継する人を探せばいい。

自分で探すのは面倒だし、そんな人材を知らないので、仲介者に応援を求める。

これまた当然の事。

ひと時は感慨にふけるかもしれないが、承継事務所が見つかれば、「あとはよろしく」

もうそんなドライな時代になってきています。

これからは消費税も上がり、不況は続くだろうから、今区切りをつけるのもいいのかもしれない。

こんな感じの税理士さんからの相談が、このブログの休載中にありました。

時代とともに経営環境も変わり、そこに働く”主人公たち”にも変化が現れています。

事業承継支援室長
大滝二三男

9月25日、弊社セミナールームで「会計事務所の事業承継、成功の秘訣!」セミナーを開催します。
参加希望者は、フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp
までご連絡ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.