エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

今年も税理士さんとの別れ、そして新盆に思う。

投稿日:

今年も初盆を迎えた方がいらっしゃいます。

私も税理士事務所の事業承継のお手伝いをして7年、多くの先生方を見送ってきました。

そして、今年も数人の先生の初盆を迎え、考え深いものがあります。

お会いした先生方は、不治の病を告げられ、家族や従業員を思い、事業承継を決断されたケースも。

しっかりと顧問先の引継ぎも行い、すべての業務から離れて、静かに去った先生もいらっしゃいます。

なかには、若い先生に業務を引き継ぎながらも、一緒に事務所を盛り立てる中で、他界された先生も。

「立つ鳥跡を濁さず」と言いますが、何事も憂いなく、去って行かれた先生はいらっしゃったでしょうか。

ご家族のことまでは分かりませんが、たぶん何らかの思いを残したまま、無念の思いで逝かれた方も。

しかし、お手伝いできた先生方は事務所に関しては、遺された皆さんが安堵されています。

先生が死亡されるまでに何も対策をやらなかった事務所では、多くの場合、職員も職を失っています。

お客様との信頼関係が強かった職員の方々は、自ら就職先を見つけることができます。

そのようなリクルート活動ができるのは、ごく少数。内部事務を担当していた職員は行く先がありません。

現在の経済状況では、それも仕方のないことですが、事業承継ができていれば、これも防げます。

顧問先は減少しているとはいうものの、一挙に顧問先がなくなるようなことはありませんから、働く道はあります。

しかし、しつこいようですが、これも、事業承継対策ができていた事務所での話。

先生が何の手も打たずに、入院、そして帰らぬ人になった時には、職員の行先は自らが探すしかありません。

職員が勝手に次の事務所を探し、顧問先を持っていくという話がありますが、これはしようがない話。

先生が死亡した途端に、顧問先との契約関係は解消しますから、職員が持っていこうが何ら問題なし。

もちろん、道義的な責任は別にして、先生の遺族が就職の世話を焼いてくれるわけではないですから。

いずれにしても、高齢化する税理士の先生には、お盆の季節こそ、もう一度、事業を見直していただきたい。

経営者としての職員の生活を背負っていること、あの世では解決することはできませんので。

この新旧お盆に、初盆を迎える故人の冥福を祈りながら。合掌。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.