エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

元税務署職員が書いた暴露本!!

投稿日:

税務署を”中退”し、税理士となった人の書く本の内容は、ほとんどが税務調査に関するもの。

ここにちょっと変わり種の本場出版された。

いわく、税務大学校の教授は、税法を知らない人が多い。

いわく、教授が生徒にはっきりと、税法には詳しくないので、あまり質問するな。

いわく、最近の税法を教授が、堂々と生徒にその内容を聞くことがある。

いわく、授業の内容はかなりの低レベルで、税務署の実戦で初めて税法を理解する。

いわく、税務大学校の教授は、出世の一里塚。生きた税法を教えるわけではない。

いわく、公務員倫理法を無視したOB税理士と税務署長の馴れ合い。

いわく、税務調査で把握された脱税額が、OB税理士の口利きで、大幅減になる。

いわく、税務調査で把握した脱税額でしか評価をされない税務署職員。

おおよそ、想像できる内容だが、これほどはっきり書かれた暴露本は少ない。

やはり、税務職員のタガも少々はずれ気味なのかもしれない。

でも、このような内容が出てくることは、決して悪いことではない。

このような組織運営をしている税務署官僚・財務官僚が、長年の慣習から抜け出せない姿が見える。

政府と言い、役人の世界と言い、公僕としての姿かたちが、見えなくなってきているような感じもする。

しかし、どんな時でも、自浄作用が出てこそ、組織は再生できるのdが、果たして今の状況は?

いい人と言われてきた元国税庁長官が娘に「年金は破綻するから払う必要はない」と言ったとか。

国家の収入をつかさどる国税庁の元最高責任者が、このようなことを言うこと自体、もう組織は終わっているのかもしれない。

そう考えると、冒頭の書籍に書かれた内容にも、納得できるのだが、これまた悲しいこと。

こんな税務職員と丁々発止のやり取りをする税理士にとっては、相手に満足できないに違いない。

税金で生活する税務職員の質は、今や地に落ちているのかもしれない。

そういう人たちが、”胸を張って”税理士の仲間入りする姿に、試験組の先生方の対応は?

OB税理士に顧問先の斡旋がなくなったことは、今回の出版物によらずとも、当然、いいことだとの判断。

とはいうものの、税務署の能力が落ちることは、日本社会の損失でもある。

今回の書物にあるようなことはぜひとも排除し、健全な職場を維持してもらいたいものだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jo

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.