エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、譲り受けの要件その5 !!

投稿日:

事務所を承継したいという要望は、当然譲りたいという方よりはるかに多い。

高齢や病気を理由に事務所を閉鎖される多くの先生は、自ら承継者を探し、引退されていく。

なかには生涯現役を全うされ、後継者を決めることなく、遺族が事務所を閉鎖するケースはかなりの数に。

税理士会などによく顔を出していた先生が、顔を見せなくなる時がやってくる。

年齢が行くと、税理士会の役員も世代交代して、血気盛んであったころの同輩たちも、足が遠のく。

若手の先生たちは、先達たちの動向が気になるところだが、事務所の将来を尋ねるようなことはしない。

もちろんできない話なので、じっと見守るだけだ。

なかには、支部の役員になって、高齢な先生方で後継者のいない先生の”世話”を申し出る人もいる。

しかし、あまりに見え透いた態度を取れば、後ろ指を指されることもあり、親切が仇になることも。

税理士会で相互扶助制度を敷き、一時的に事務所業務を代行することも行っているが、これも臨時措置。

最終的には、支部の先生方が分割したり、若い先生にすべてを委ねたりする。その条件はあいまい。

このケースでは、先生の家族には一銭も入りないこともある。言ってみれば、「助けてやってんだ!」

でも、家業と考えていた事務所経営から収益が上がってこないとなると、家族の不満も残る。

きれいな言葉で、「お客様に迷惑がかからなければ結構です」なんて言っても、胸の内は複雑だ。

こんな話を総合して、弊社では事業承継支援をスタートさせたが、「助けてやる」先生は承継候補にしていない。

同時に「金を出せばいいだろう」先生もまた、承継候補には考えていない。

「そちらが勝手に承継候補を決めるのか」と言われれば、「はい」。

ただし、譲り渡し側の要望を十分聞き取った上で、判断している。

もちろん、承継後に事務所経営が上手くいかない可能性をも配慮するので、経営方針なども聞き取る。

その上で、相性や職員の雇用に関する考え方、実際の指導方針などもチェックすることになる。

引継ぎが始まった1年間は、当支援室でその行方をじっくり観察、問題があれば介入することもある。

結果は、三者(四者)一両得になるよう配慮するのが、当支援室の基本的な考え。

承継者として、このような流れを理解されない方は、候補とはなりえないことをご理解ください。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.