エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

相変わらずの勤務税理士の”独立劇”?!

投稿日:

税理士事務所の顧問先の担当は、ほとんど一顧問先一人で、何年経っても変わりません。

顧問先の社長さんも、気心の知れた担当者を考えします。

先だっても、「うちの会計事務所の担当者はしょっちゅう変わるんですよ、何とかなりませんか」

と、税理士事務所の紹介を依頼してきた社長さんがいました。

その事務所の担当者は、単純に経理資料の受け渡しがメインで、経理内容の説明など一切なしとのこと。

決算内容の説明等もありませんので、社長は金融機関との関係で、資金繰りがわかればいい言う。

自社の借金がいくらあり、その返済資金があるかどうかだけを知れば、事足りとのこと。

まあ、税理士事務所に期待するところほとんどなしといった状況だが、経営を見てくれる事務所を紹介。

結果、「こんなことまでサービスしてくれるのか。資金繰り表なども自社で手計算で作っていたんですよ」

といった状況で、新しい税理士事務所には満足したもらったが、話はこれから。

こんな事務所でも、実は勤務税理士が独立に際して、気心の知れた社長さんたちに営業していたことが判明。

独立した税理士の事務所に移った社長から「所長がすべて認めたというから、彼と契約したんですよ」

その社長さん、実は勤務税理士をそそのかした形跡もあるのだが、元のさやに移ることでおとがめなし。

しかし、独立した税理士は勤務中にも所長の許可があると言って、担当していた顧問先を”籠絡”

事務所を辞める時も、「明日辞めて登録します」といった口から嘘がバレ、すでに開業届を出していたという。

だから顧問先も信用したのだろうとはいうものの、いかにも大胆な”持ち逃げ”。

高齢の所長さんは、常々「私の代わりに事務所をやらないか」と話していたが、返事はなかったという。

それにしても情けない話。勤務税理士が独立するには経済状況は最悪だが、こんな独立劇はそれ以上に最悪。

所長の目が届かないことをいいことに、顧問先をだまし、独立するとは持ってのは外。

この所長さん、以前にもこのようなことを経験しているというから、その予防策を講じなかったことも罪ですね。

いづれにしても、もう”一顧問先一人担当制”は避けるべき時ではないでしょうか。

職員の負担を減らすためにも、複数での担当制が良いのではないでしょうか。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継に関するお悩み事、お気軽のご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058
e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.