エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

子は親に頭が上がらない!!税理士の悩み

投稿日:

「誰が産んでくれって頼んだ。勝手に作っておいて!」。親子げんかの末の子供の捨てゼリフ。

よくあるセリフだが、反抗期で、すこしばかり成長の早い子供が口にするようだ。

もちろん、税理士試験に合格し、親の後を継ごうという息子や娘が発するセリフではない。

でも、心のどこかでそう感じて言うかも知れない。

というのも、昨日書いたように、承継する事務所のお客さんのほとんどは、親が苦労してつかんだお客。

そのお客さんたちが、息子だという理由だけで、継続して仕事をくれるわけだから、親に文句は言えない。

でも、親とはひと味違うサービスを提供したいと思っていても、お客さんの方で余計なことはいらないという。

お客さんには経営上参考になると考えていても、税理士事務所にお客は期待をしていないことも。

それでも、若手の税理士さんには、これまで通りのサービスでは、お客は引きつけておけないと考える。

そこで、古いお客で記帳代行そして税務申告だけで良いという向きには、新たなことは提供せず。

自身で獲得してきた若手の経営者には、一緒に経営を考えていける道を模索する。

もちろん、一緒に遊ぶことも、親父さんも同じことをしてきたはず、時には羽目を外すことも。

しかし、経営者とそのサポーターという一線は越えず、時には高見から意見を述べる。

それでも、事務所の基盤は相当期間、親父さんが作り上げた者だけに、いつまで経っても頭は上がらない。

「今に見ており、オレだって」なんて気張ることもないので、何時かは自分の代になる。

時間が決めてくれるのだが、それでも親に頭が上がらない方が、良いのかも知れない。

これが一番の事業承継対策かも知れません。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.