エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

かんぽの宿

投稿日:

かんぽの宿の売却が頓挫しました

2400億円を要した施設が109億円では安すぎるとか

年間50億円の赤字をだしているかんぽの宿

不動産価格が下落している今売るのは損だという議論はありえると思う

でも、「2400億円投資したものが、109億円では大損だ」という意見はおかしい

109億円という数字がオリックス不動産との政治の密約などがあるのなら別だが

郵政だって1円でも高く売りたいはず

決して根拠の無い109億円では無いはずだ

逆に聞きたいのは総務大臣は、いくらであればいいのだろうか

その価格が現状の価値として、市場が受け入れてくれるのか、見極めればよい

きっと「2400億円投資したものが、109億円では大損だ」という論理からはじき出される譲渡価格は市場には受け入れられないであろう

会計事務所の事業承継で、評価額の倍以上の価格で対価が設定されることはあり得ない

まれに、我々の評価額の何倍もの提案があるという話しをもってくる先生がいるが

正直その価格設定に疑問である(多分にきな臭いものを感じる)

本当にその価格が支払われれば良いが、どうやって引受けて側が利益を出すんだろうと首を傾げたくなる

第三者への事業譲渡はWin-Winの形が作れなければまとまらない

それは譲側も譲り受ける側も両者にメリットがある形、その合意形成のうえで対価が設定されるもの

本当に109億円が安いのか高いのか

その結果が出るのは数年先だろうが

その考察をこの総務大臣は行うのだろうか?

単純に計算して、これ以上の譲渡対価で引受けてくれるところが現れない限り、年50億円の赤字が年を負うごとに足されていく

事業承継支援室
石原坂 誠

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.