エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

先輩の事務所を譲渡する国税OBが増えてきた!

投稿日:

退官後、顧問先を斡旋されて税理士事務所を開業、それは今は昔。

国税職員にとって、退官後の第二の人生は税理士との定説は消滅。

ただし、顧問先の斡旋が禁止され、開業しにくくなっただけのこと。

新規開業者として、試験組とスタートラインが一緒になったもの。

その一方、長年の税務調査や審理業務に精通したOB税理士に期待する同業者も少なくない。

例えば、グレイゾーンにある問題の処理を直接当局に訊いても、回答が得られないこともある。

その様なときに、頼りになるのがOB税理士であり、特に審理畑、資産税関係に強い人は引く手余多だ。

言ってみれば、自らが企業の顧問先を持たない会計事務所の顧問税理士として、第二の人生を送っている。

斡旋が禁止される前に退官し、税理士として先輩の事務所に入り、通常の会計業務をこなして来た。 

また、試験組のライバルとして、同じ舞台で切磋琢磨して来たと声高に言えるのは、実はドロップ組。

大概、税理士資格が得られた40才位で退官。開業後は、試験組と同様に営業に精を出していた。

このような人が、地方都市で一番の事務所になっている例が、実は多く見られる。

税務署での出世に見切りをつけ、税理士資格が取れた時点で、開業。同僚達を尻目に事務所は大繁盛。

それに対して、定年まで勤め上げ、顧問先を斡旋されて税理士事務所を開業したOBも少なくない。

2年間の顧問契約が終了すると、顧問先は後輩のOB税理士に引き渡すが、その期間中に自力で顧問先を獲得。

いま、このような人達が、引退の時期を迎えているが、引き渡したいと思う後輩が税理士にならないのだ。

税理士になっても、開業資金となる退職金は奥さんに握られ、自由にはならない。

だから、タダで事務所を譲ってもらうのも忍びないので、税理士になっても勤務税理士のまま。

そんな状況なのか、ここ数年、OB税理士の依頼が増える傾向にある。それも先輩から譲り受けた事務所。

また、後輩を雇っている税理士が事務所の引き継ぎを要請しても、答えはお金がないのでと、断わられた。

そんな事情で、当支援室に依頼されてくるのだが、このような事務所はほぼ衰退期を迎えている。

それだけに引き受け手も、顧問先の社長が高齢で、話が合わず、契約が切られる可能性が気にかかる。

引き受けるまでには、時間もかかるが、付いてきた顧問先は、そう簡単には契約解除にならない。

これは、引き渡す税理士が、しっかり面倒を見てきた証明。信頼する先生からのバトンタッチを了解。

当支援室としては、このような先生には、しっかり顧問先を守ってくれる引き受け手を探します。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2022 All Rights Reserved.