エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

たわけ″田分け″より、たより″頼り″!!

投稿日:

たわけ者の語源は、田んぼを分けてしまい、代々継がれてきた財産を失った人を言う。

頼りになる人は、失った田んぼを引き戻し、田寄りした人とか。

相続では、相続人たちが相続権を主張し、財産の所有権は相続人に分けられる。

一度所有権が移る″田分け″と、元には戻らないのは常識。

所有権を移さず、発生する収益だけを所有権者以外に渡すことができるのが、今流行りの信託。

収益だけを移すわけで、所有権は移動しないから、何時でも収益をもらう人は代えられる。

まさに、たわけ者にはならずに済むことになるので、ご先祖様に″怒られる″こともない。

この信託が、事業承継でも威力が発揮される。

それも株が様々な人に分散されて、方針が決めれない、決議ができないときに有効。

つまり、株の所有権は移さず、配当も手にすることが代わらず、議決権だけを移す。

こうなれば、株式会社の方向は、CEOが自由に舵取りができることになる。

同時に株は所有しているので、経営責任者が意に沿わなければ、委託者を代えることもできる。

いわば、資本と経営の分離がスムーズに行われ、盗った、盗られたの話はなくなる。

不動産、金銭、株など様々な対応が可能な信託を武器に、税理士は顧問先へのサービスは拡大。

会計業務は採算が取れなくなると言われる中で、新な武器になるのが、信託だと思われる。

まだまだ、全貌が明らかにならないこの信託、税理士が取り組むべき重要課題だ。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.