エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

先代から引き継いだ職員を、引き受けてもらいたい!?

投稿日:

個人事務所の宿命で、所長税理士が引退すると、職員は仕事場がなくなる。

所長は、個々の職員に自分の好きな事務所に移れば良いとは明言しない。

結果、所長が事業承継の相手を探し、職員はそのまま雇ってもらう契約を締結する。 

担当もそのままであれば、顧問先も安心するだろうし、契約解除もほとんど起きない。

しかし、その職員が所長と同年輩で、引き継ぐ予定の税理士より年上だと、問題もある。

職員より二回りも年下の税理士だと、引き継ぐ税理士だけでなく、職員もこだわりがでる。

そう、自分の孫ほどの新しい経営者に、素直に指導を仰ぐことができるのだろうか?

引き継ぐ税理士の職員も、新しい職員がはるかに年上だとしたら、やりにくいことだろう。

このような状況で発生する様々な問題を克服できれば、事務所の発展は間違いなし。

税理士法人が今後も増え、減ることは考えられない今、個人の組織替えも必須ではないか。

そうなれば、高齢職員の雇用確保も容易になるに違いない。たとえ、二代前からの職員でも!

事業承継M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.