エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

独立しても喰えないよ、それより法人で頑張らないか?

投稿日:

税理士業界で、開業が年々難しくなっているのは、誰もが知っていること。

個人事務所が提供できるサービスには、限界がはっきりしている。

起業が盛んな時は、記帳代行・税務申告だけで商売ができた。

毎月の顧問料は、記帳代行の対価と言えたのだが、これからは違う。

クラウド経理ができる今、顧問料ビジネスも変わらざるを得ない。

それでも、個人事務所として独立する採算のめどはたつのか。

自分の身近な人の税務をについて、満足されるサービスを提供する。

それだけで、事務所を維持できる訳ではない。

今後5年で、記帳代行を主たる業務にする事務所はなくなるだろう。

ただ、所長・税理士一人で業務ができる事務所は残る。

その一方、従業員を数名抱える事務所は、経営は厳しくなる。

そんななかで独立するのは、どんな展望を持っているのだろうか?

法人のなかで、組織の一員として、税理士資格を活かす道はないのか。

しかし、独立しても飯が食えなければ、実に勿体ない話ではないか。

離職した税理士の復帰を評価する組織は、まだまだ少ない。

欧米流の転職に対する考え方の違いだが、日本では遅れている。

「辞めた奴が戻ってきた!」と、メンバーは後ろ指を指すのが普通。

だから、独立するからには、旧事務所から完全な決別が要求される。

スタープレイヤーが出にくい業種だが、それでも独立は続く。

やはり、税理士資格がそうさせるのかもしれない。

でも、出戻りで大活躍する税理士の話を、今後は聞きたいと思う。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.