エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

支店になったら、自分の権威もなくなってしまいませんか?

投稿日:

税理士法人との経営統合を考える、事務所経営40年の税理士の一言。

確かに本部の経営方針が゛強行゛されれば、そうなるでしょう。

しかし、現在行われている経営統合では、一般企業とは異なります。

支店となった後、直ぐに先生がいなくなったら、どうでしょう。

一般企業の経営統合では、社長は退任し、後任の経営者が着任します。

それでも組織として動きますから、企業活動には、それほど影響ありません。

しかし、個人企業の税理士事務所は、組織的な動きはできていません。

所長あっての法人の支店ですから、数年間は所長としての腕を振るいます。

病や体調不良で動けなくても、40年の歴史は早々変わりません。

その歴史を活かしてこその支店化ですから、先生の重石は重要です。

法人の職員となる職員にとっても、先生・所長が頼りです。

ですから、法人の本部も大幅な職員の異動なども控えます。

というより、従来通りの業務を担当し、顧客に迷惑はかけないようにします。

支店化してサービスが低下したのでは、本末転倒です。

個人事務所以上のサービスが展開できて、初めて顧客から評価されます。

所長に顧客から「法人になって良かったですね!」と言われれば、本望。

本部とともに、それまで以上の業務に励むことになるでしょう。

先生の権威が下がることはありません。

でも、引退を考えている先生は業務をセーブし、じっくり構えましょう。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.