エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

親族でも、税理士事務所の承継は難しく、さてどうします?

投稿日:

試験免除で税理士になったが、所長の親父さんと合わず、独立。

親父さんは後継者と決めていたが、むすこは「あとは継ぎません」

税理士法人になっていたが、勤務税理士が後継者として社員税理士に。

継がない理由を息子は、親が試験合格でないことを暗に非難したという。

そんな目で見られていたのでは、所長として示しがつかない。

しかも、試験合格の勤務税理士と比較くされ続けるのは、耐えられない、

また、甥を後継者として迎えた、80代中盤の先生の失敗例もある。

事務所経営も50年を越えた先生、事務所は身内に譲りたいと考えていた。

80歳を越えた時、たまたま公認会計士の40代の甥が、税理士登録。

そこで、まずは副所長として、仕事を覚えさせようとした。

ところが、お気に入りの職員と毎夜、飲み屋に繰り出す始末。

中小零細企業の社長とは話が合わないと、仕事に身が入らない。

そのうち、独立をほのめかし、数人の職員と顧問先を持ち逃げ。

その後この事務所は、税理士法人と経営統合、先生はやっと気楽に。

まさに失敗は成功の元か、でもそう失敗はできないのが、事業承継。

そうかと思えば、婿さんに事務所を渡すには抵抗があるという先生。

単純な話、娘に渡すのなら問題ないが、娘には資格がない。

ところが一緒に受験に挑戦していた男性と恋に落ち、その後結婚。

その婿さんが試験に合格、めでたく税理士に。

そして、父親の事務所に入り、後継者として業務に精通。

姑の所長も徐々に仕事を任せ、今では事務所の全般を見るまでに。

こうなると、婿さんもそろそろ所長職を譲ってもらいたいと考える。

婿さんと姑が腹を割って話をするのは、大変゛体力゛は必要がない。

それができないまま、両者が悶々としていた。

まだまだ所長を続けたい姑、対外的にも事務所を掌握したい婿さん。

答えは、姑が、婿に渡すのではなく、娘に渡すと考えれば良いこと。

娘さんも親と夫の間に立って、さぞや辛い思いをしていることだろう。

血が濃ければ濃いほど、溝は深くなる。

まさに、事業承継は人生そのもの、引き際というのは難しいですね。

そんな家庭の事情を聞くのも、われわれに宿命でしょうか。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.