エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

今でなく、数年後さらに十数年後を見通す承継相談も増えています!

投稿日:

後継者のいない税理士にとって、事業承継は常に頭の中にある。

若手の税理士を採用するにしても、はたして経営者として適格か不安。

もしも、不適格であることが、承継時に分かったらどうなるのか?

さらに、職員たちが新所長として認めない事態は、生じないのか?

所長の血縁関係者が候補であれば、概ね職員は認めざるを得ない。

しかし、全くの他人が後任となれば、日頃の業務で反発もする。

ベテラン職員であれば、陰湿ないじめをすることもあるだろう。

そんな状態を招きたくないから、後継候補の税理士は雇わない。

何と後ろ向きの対応ではないだろうか、と言ってもしょうがない。

後継候補を採用する時点で、以上の問題を解決しておく必要がある。

これらの問題を解決するのは、経営コンサルタントの仕事だろう。

しかし、これらの悩みを打ち明けられることもある。

それもご自身で、後継者を雇わないという答えを出していながらである。

事務所内に゛先生゛が二人いるのが、煩わしい。自分一人で良いのだ。

だから、事業承継問題は必要に迫られなければ、対応しないわけ。

それでも、数年後のことは気になる。そこでまずは話を聞こうとなる。

つい最近も3年ぶり、4年ぶりに会った先生から、承継者探しを依頼された。

その際同様に言われたのが、もっと早くお願いすればよかったとのこと。

判断を先伸ばしにしてしまったので、所内が混乱したという。

というのも、所長が体調を崩したりして、ベテラン勢が不安を煽ったという。

ベテランにしてみれば、所長から話がないので、不安は拡大する一方。

それを知った所長が、数年前から決めていた事業承継に舵を切った。

腹を割って職員と話をし、彼らの了解をとってからの相手探しスタート。

相談を受けて直ちに候補者を提示、何とその場で「お任せします!」

実際これはレアケースで、数年前の相談があってこその速攻劇。

そうかと言えば、現状の自らの仕事を披歴し、10数年後を見通せと言う。

それも、業界人としては大胆な経営をしている先生からの相談。

この先十数年の先生の動きを考えてくれと言うのだから、即答はできない。

取り合えず勉強させてほしいと答えたが、実に光栄に感じた次第。

この難しい問題にはたして適切な回答ができるかどうか、不安もある。

しかし、浮かれてはいられない。50代の先生の心の叫びに応えなければ!

これまたレアケース、日々心新たにさせられる環境に感謝、感謝!

今後も、このような事業承継に絡んだ、長期的な経営相談も増えるかも。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.