エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

70年目の憲法記念日、果たして真っ当な議論が行われるのか!

投稿日:

70年前に米国の゛お仕着せ゛で誕生したと言われることもある憲法。

物騒なことに巻き込まれず、ここまで来たのも、その存在からこそ。

経済力では世界第2位まで昇れたのも、戦力に頼らなかったため。

憲法を改正するが、戦争の放棄は守るというのだが、、

国連の平和維持に自衛隊員を派遣しても、武力は使わない。

米国との安全保障条約の一環として、武力を使えるようにしたのは昨年。

自民党の安倍総裁が、2020年までに現憲法を改正することを明言。

圧倒的な数の議員の自民党も、今は小選挙区制で、異論を許さない。

国会議員の自民党公認候補になるには、憲法改正に反対ができない。

中選挙区制では、かなりの数の自民党議員が存在した。

現在でも、中選挙区制に戻すべきだという意見もある。

というのも、幅広い考えを持つ議員が自由に活動できたのが、自民党の良さ。

それが党首脳部の言いなりにならなければ、公認されない今の状況。

はたしてそんななかで、自由な議論が展開されるのだろうか?

今の国会では、審議時間が30時間過ぎれば、もう議論は尽きたというのだ。

そんなことで、憲法議論が済まされて良いはずがない。

でも、今の国会運営を見ていると、議論より数ですべてが決まる。

民主主義は、最終的に多数決ではあるが、何よりまっとうな議論が前提。

怖い法律が次々に数の議論で誕生しているが、はたしてどうなるのか?

新憲法が出来たとして、我々はそう長くは付き合えないが、

子や孫のことを考えれると、真っ当な、広範な論議が尽くされることを望む。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.