エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

資格を取るつもりで、大学院に行ったが、そこでイジメに!

投稿日:

税理士資格がなければ、どう足掻いても、事務所を引き継ぐことは不可能。

資格を取るためには、まず試験に合格することが前提。

資格に必要な会計2科目と税法3科目をクリアすれば、無事先生に。

しかし、最近はこれが非常に難しくなっているのも、事実。

ここ数年、税理士試験の受験者が減っているとの情報もある。

試験は各税法別に行われ、それを集計すると、確かに受験者は減少。

それを基に税理士志望者が減っていると、断言できるのだろうか。

税法3科目に合格しなくても、実際に税理士になった人は多い。

大学院で税法(法律)を修め、修士論文が国税庁のチェックをクリア。

更に税法1科目に試験合格すれば、残りの2科目は免除される。l

この制度を利用して、親の税理士事務所を継ごうという人も少なくない。

すんなりと、税法1科目の試験をクリアすれば、問題なし。

当然、大学院で法律を修め、修士論文を認められる必要がある。

今回の事例は、親の期待に応えようと、大学院に通い始めた。

しかし、言わばゼミの同僚達からのイジメに遭ってしまった。

そう、小中学生だけがイジメの的になっているわけではないのだ。

大学を卒業し、親の税理士事務所継ぐために、大学院に進んだ。

税理士試験の税法免除を受けるためだが、それが他の大学院生の的に。

それを指摘された気の弱い若者は、イジメの連続に負け、退学。

資格を取れなくなった゛後継者候補゛は、事務所経営に背を向けた。

それを見た税理士は、子供に継がせる、強い意思も揺らいでしまった。

更に、試験合格した従業員も次々と独立し、先生も経営心も消沈。

結果として、所長は事務所をM&Aで手放す決断をした。

事業承継には様々な理由があるが、今回の話はレアケースだろう。

しかし、イジメは社会に蔓延っているんですね、嫌な世の中ですね。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.