エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

所長の゛命令゛に従わない勤務税理士だが、辞めさせられない!?

投稿日:

人手不足はここまで来たかと思わせる、ひどい事例が届いた。

20代前半で職員として採用し、数年後に試験合格。

資格を取得後、曖昧な理由で事務所を辞め、他の事務所に転職。

しかし、就職した事務所の所長と折り合いが悪く、数ヵ月後に職場復帰。

お客さんも数件持っていたので、所長の顧問先とすることで復帰を認めた。

自分で担当しなくても、持ってきたお客の報酬の4割を受け取ることに。

その後、所長の顧問先の一部を担当し、実力をつけて、税理士登録。

ただし、自分と会わないと考えるお客は、担当を拒否。

さらに担当先で複雑な事案が出ると、これまた関与を断る。

仕方なく、所長が尻拭いをやらざるを得なくなっている。

自分の能力を超える案件は、一切しないのだが、お客には腰が低い。

所長が行った処理も、自分で行ったように顧問先には説明する。

ここまで聞いてくると、所長の弱気が腹立たしくなった。

所長いわく、「辞めろ!」と喉元まで出ているが、まだ我慢している。

というもの、報酬の高い顧問先を担当させているので、持ち逃げが怖い。

なんとかそのリスクを避けたいし、効果的な方法を探していると言う。

これまた、非常に弱気だが、それだけ優しい先生だけの解決策は??

日頃から辞める際の゛持ち逃げ゛は、損害賠償で訴えることを言っておく。

さらに、有力な客の担当を解除し、所長が担当、内部仕事に従事させる。

顧問先との接点は、自分が持ってきた客だけにしてしまう。

勤務税理士は生活もあるだろうが、仕事に見合った給料に下げる。

それだけの強烈な措置を行わない限り、冗長した職員は直らない。

これができなければ、所長自信が事業承継をして、気楽な立場になれば良い。

でも、難しい事案はやらないと断言する職員って、何を考えているのか。

即、馘となるのが普通だと思いますが、どうなんでしょう?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.