エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

結局、税理士支部幹部は、会員個人の権利は守りません??

投稿日:

同一県内で、遠隔地になる事務所を支店にしようとしてきた税理士法人。

規模の小さい個人事務所を救おうと、経営者は手を挙げました。

支店候補の事務所とは、車で2時間ほどの距離で、通えなくありません。

支店の社員税理士が、毎日通って来ることもできる距離です。

こんな条件で支店の設立を税理士会に申し出たところ、答えはノウ。

社員税理士は、支部の管轄内に住居を構えていなければダメと言うのです。

えっ、えっ、そんなことは、大都市圏では聞いたこともありません。

十分通える距離ではありませんか?

税理士会の幹部でも、毎日事務所に出勤しているとは限りません。

会の業務が多忙なときは、事務所に行かないことが多いと聞きます。

そんな幹部たちが、新参者に断りの文句を言うのはいかがなものでしょう。

既得権があるようですが、これを守ろうと言うのでしょうね。

今から10年近く前、弊社が事業承継支援業務を始めたときもありました。

ある税理士から、電話で「事業承継は我々の仕事だ、余計なことするな」

この先生、クレマーとして有名な方で、ある支部の支部長さんでした。

その支部でも弊社は仲介業務を行っていましたので、お笑いでした。

しかし、何か税理士会幹部に役得でもあるのか、新規参入にはノーです。

税理士個人を守ろうとする行為に、何故か反発することが多いのです。

これは支部を守ろうとするのか、それとも、、、

そう、この地域では、事務所の承継は支部長の重要な仕事とのこと。

承継候補の先生も、最終的には支部長の了解が必要と言うのです。

これには、こちらもあんぐり、なんのための税理士会か、分かりません。

でも、それに従う先生には承継相手とは、認めるわけにはいきません。

結局、事業承継実務は、一時ストップ。

病に倒れた先生の悩みは、解消されていません。

それでも、個人の生活など関係ないと言うのが、同業者の御託宣ですかね。

事業承継支援室長
大滝二三男い

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.