エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

相談者の病状と同様の痛みなどを感じることもありますが、、?

投稿日:

税理士さんが事業承継を思い立つ一番多いのは、気力の衰えや病気。

特にガンなどになると、早期の対策が必要になることも少なくない。

数年前、咽頭ガンにかかった先生からの相談を受けた。

初回の面談は、事業承継の概要などを説明し、

事業内容を知るために書類を提出してもらうことで、終了。

面談後、3日目には登録用紙が届き、早速2回目の面談を設定。

その際、承継予定を相談すると、「時間はあまりない」と言う。

というのも、近々、咽頭ガンの手術で声帯を切除する予定。

先生いわく、声を失ってまで仕事を続けるつもりはなく、後継者もいない。

そこで初めて、事業承継の相談に訪れた理由がはっきりした。

喉をやられてはいるが、大変話好きな先生。

病状を告白されたためか、気が楽になり、創業からの苦労話に熱も入る。

合いの手を入れる程度で、もっぱら先生の話に耳を傾けた。

所得倍増時代に創業し、バブルの時に株で大儲け、仕事も順調そのもの。

事務所を拡大し、税理士を雇ったが、持ち逃げされ、事務所を縮小。

そのため職員も辞めてもらい、今の規模でのんびりやっていた。

しかし、声がしわがれるようになり、町のクリニックで検査。

そこで、大学病院を紹介され、結果、咽頭ガンが判明。

そんな話を聞くうちに、私も何やらのどに違和感が出てきたのだ。

タバコを止めて、すでに30数年、のどに悪いことと言えば、お酒か。

そんなことが頭の隅に通り過ぎたが、悪いはずはない。

話終えた先生は次回の面談予定を決めて帰られたが、どうも喉に違和感。

早速、うがいをするとともに、鏡で喉をチェック。

赤く腫れていることもなく、何ら異常なし。

先生の病状が゛乗り移った゛のかもしれないと、気が重くなった。

こんな経験は実は度々あるのだが、本当の病気に罹ることはない。

全く不思議。人の話を聞く職業の人には、こんな経験があるのかも。

いずれにしても、健康でなければ、この商売はやってられませんね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.