エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

集金した顧問料を生活費に回した職員の話です。嫌ですね!

投稿日:

事業承継を仲介した事務所で、実際にあった話です。

給料は地方都市でしたので、それほど高くはありません。

しかし、米や野菜などは自給自足でき、食うには困りません。

集金は、訪問時に請求し、その場で受け取ることもあります。

地方都市の多く事務所が、自家用車通勤で、直帰することも少なくない。

翌朝、出勤したときに集金した報酬を入金することになります。

今回把握したのは、ある職員の未収金が増加傾向にあったこと。

そこで所長が、入金見込みを訊ねると、経営破綻が近いとの返事。

少しでも未収金を減らせと指示したものの、集金の予定がサッパリ無し。

そうこうしているうちに、担当者の未収金の額が400万円まで膨らんだ。

どれが一社ばかりではないので、いよいよ大変な事態だと所長は焦った。

担当者に再三注意をするが、答えは、資金繰りが悪化しているというばかり。

そこで、未収が多くなっている顧問先に所長が、直接交渉。

するとどうだ、顧問先の社長はとんでもない、毎月払っていると怒り出す。

答えに窮する所長は、謝りながらも、頭の中は真っ白。

事務所を経営して40年近く、これまでに一度として経験のない事態。

職員は真面目一方で、浮いた話も聞いたことがない、50代後半の男。

勤務歴も30年を超える大ベテラン、子供たちも独立し、生活は楽なはず。

事務所に帰った所長、担当者を所長室に呼び、事実を遂げた。

はじめは黙っていたベテラン職員も、実は女ができたことを白状。

その情勢を繋ぎ止めるために、顧問料に手を付けてしまったと言うのだ。

こうなると、職員として雇っておくわけにもいかず、即、懲戒免職。

退職金は中退金制度に入っていたため、これは直接本人に振り込まれる。

懲戒免職だから、退職金は没収、こちらは金融機関と交渉。

もちろん、本人の了解をとり、口座に振り込まれた時点で事務所に返還。

本人も200万円を支払い、合わせて400万円は無事入金された。

事態はここで終われば良いのだが、その後の話もある。

懲戒免職になった50代後半の大ベテランの顧問先から、契約解除が続く。

仕事言えば税務しかない男、浮き名を流しながらも他に事務所に移籍。

長い付き合いの顧問先にとって、勝手知った担当者は、やり易い。

しかも、全ての顧問先が懲戒免職の事実を知っているわけではなかった。

お客を盗られた所長は怒り心頭だが、挙げた手を下ろす先がなく。意気消沈。

実際こんな話があるすね。世の中様々ですね。

先生、あなたの事務所の職員は大丈夫ですか?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.