エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

私が死んだら、お客をもって他の事務所に移るというんですよ!

投稿日:

昨日、高齢と思われる税理士さんから、相談がありました。

なんと、数名のベテラン職員が、゛持ち逃げ゛すると宣言したというのです!

もちろん、先生が苦労して獲得した顧問先を担当させたのが、始まり。

当初、先生は決算や申告に際して、担当者と顧問先に同行。

慣れるに連れて、担当者も独りでいくことを主張するようになった。

こうなるのが普通で、顧問先の社長も先生より対応も気楽に。

時が流れ、顧問契約も十数年もたつと、顧問先は担当者の独壇場。

先生も年齢を重ねるうちに、顧問先に行くことも億劫になる。

それを良いことに、担当者は顧問先を自分の物と考えるようになる。

こんな職員が休むと顧問先から電話があっても、誰も返事ができない。

ますます、顧問先と担当者の゛きづな゛は強くなる一方。

先生が顧問先の状況を尋ねても、通り一片の報告で終わる有り様。

そんな職員に対する対応はどうすべきかというのが、今回の相談。

実際、先生の死後、職員がお客と共に、他の事務所に移ったらどうなる?

税理士とは一身専属の資格、資格者が死ねば顧客との契約は切れる。

顧問契約は消滅するから、お客は誰のものでもない。

誰が取り込もうが、税理士法に違反するわけではない。

職員が担当していたお客と共に、新しい事務所に移っても問題なし!

でも、今現在高齢の先生の職員が、顧問先を持っていくことは違反。

それも現在の雇用主に、先生が死んだら云々、と広言するのはビックリする。

後継者に対する不満もあるのだろうが、それを止められないことが問題。

そう、先生と日頃のコミュニケーションができていない。

さらに、もう先生のブレーキが利かないほど、助長させてしまったのだろう。

゛持ち逃げ゛させない効果的な方策は、具体策はここでは書かない。

しかし、この゛持ち逃げ゛は、税理士事務所経営の永遠の課題です。

税理士会でもよくある相談でしょうが、なかなか妙案は見つかりません。

老先生の気も休まらず、今後も葛藤が続くことでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.