エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

中規模の税理士事務所(法人)、最近の業務の流れ!

投稿日:

個人事務所でも職員が10名を超える場合、記帳代行業務はパートさんが担当。

外回りの職員が記帳処理をすることが少なくなり、顧問先の経営状態の把握に注力。

とかく、税理士事務所の職員は残業が多いといいますが、その原因は記帳問題。

しかも勤務税理士までも、この記帳処理をするようですと、コスト倒れになることも。

中には記帳をすることで、顧問先の状態を知ることができると勘違いしている職員も。

ある税理士事務所では、顧問先から毎月の資料を回収するのは、外回りの職員。

この職員が事務所の帰ると、集めてきた資料などは、会計法人に回す。

それを受けた会計法人の職員(メインはパートの職員)が、記帳業務を行う。

打ち出された数値を基に、月次決算などを検討し、顧問先の経営状態をチェック。

それを所長らと検討し、問題点が分かれば、その解決策を顧問先にフィードバック。

決算書が読めない社長さんたちが多いところから、経営進診断が担当職員の仕事。

自らが顧問先から回収した帳票を打ち込むことは、重要な業務とは考えない。

自計化が進んでいる事務所で担当者が行うことを、同じように行うまでのこと。

もちろん、帳簿付けと税務申告だけを仕事と考える事務所もある。

しかし、無料のクラウド会計ソフトが出回り、これを使える顧問先は確実に増えてくる。

その時、生き残れる事務所となるためには、記帳代行中心では、リスクがいっぱい。

時代は変わってきています。当然、職員の業務内容も変わらざるを得ません。

高付加価値を狙っている事務所では、日々の会計処理の中からも”未来”を予測します。

顧問先が10年、20年健全な形で生き残るための方策をアドバイスします。

そのためには、職員の教育も必要ですし、職員の意識の変化も要求されます。

元気な事務所では、そんな流れがここ数年盛り上がっています。

経営環境が厳しくなる一方の税理士業界では、業務格差が命取りともなるでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.