エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

持ち逃げする゛渡り鳥゛税理士事務所職員の心情は?

投稿日:

税理士事務所の職員の移動は、一般企業に比べて激しいという。

税理士試験を目指している人は、環境が悪くなると辞めていく。

そんなことを続けているうちに、資格取得を諦めてしまう。

資格をクリアできなかった弱味はあるが、業務には自信がある。

顧問先を任され、税務にはもちろん詳しいので、所長の信頼もある。

そのうち顧客とも゛ねんごろ゛になるのも、時間もかからない!

先生に相談するまでもないと、顧問先の社長からの相談も身近に。

ますます顧問先の信頼を得るようになり、お客さんは自分のお客。

錯覚から顧問先は自分の思い通りになると、大いなる勘違いをする。

所長から任されたことが遠因だが、誰でも起こりうる。

それを勘違いすることなく、自らの立場を理解しているのが普通の人。

しかし、冗長した職員は、お客さんは自分に付いてくる考え勝ち。

実際にお客さんを゛持ち逃げする゛職員は、少なくない。

持っていかれる先生にもスキがあるのだが、監視するわけにもいかない。

怒ってみても、離れた顧客は帰ってくるわけではないと諦める。

お客と共に転職してきた職員を採用した所長は、はたしてどう考えるのか。

二度あることは三度あると考えれば、心底信用することはない。

いつかまた、お客を持って転職するだろうと、見ているのかもしれない。

確かに゛渡り゛と見える職員もいるが、長くは勤まらない。

会計事務所の職員採用は確かに厳しく、なかなか決まらないという。

それでもいい人だけを採用しようと考える所長が圧倒的に多い。

こうなると、゛渡り鳥゛の就業環境は厳しいものとならざるを得ない。

自分のお客は付いてくるはずと考えても、採用されなければ意味無し。

もっとも辞める時には、再就職先は決めているはず、さてその先は?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.