エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

年賀状が結んだ細い糸、6年間の淡い期待が報われる!

投稿日:

ほぼ6年前に事業承継の相談を受けた、地方都市の先生の話。

年の瀬も迫ったある日の夕方、事務所の電話が響いた。

電話口からは、微かに訛りのある低いトーンの声が聞こえてくる。

70歳を前にして、業務を辞めるかどうか悩んでいると言う。

電話だけでは、その悩みの原因が分からないので、面談を要請。

税理士として多忙な時期だが、なんとか時間を取ることができた。

そこで、その地方都市の駅前のシティーホテルでお会いすることに。

会ってみれば、電話の声から想像したより、かなり若い容貌の持ち主。

年齢の割に若く見えるので、何に悩んでいるのかを具体的に訊いた。

長年勤めている従業員が、自分の指示通りに動かなくなっていること。

それを追及すると、ダメなら辞めて他の事務所に移ると、言い放つ。

主要な客を担当しているので、辞められると、事務所も困る。

その職員が辞めて、客も付いていったら、経営も苦しくなるという。

先生が営業で獲得したお客だが、長年の付き合いで職員の味方に。

だから、職員の言いたい放題を許さざるを得ないというのだ。

しかし、先生が強力に指導しない限り、職員の態度は直らない。

辞めるなら辞めろとはっきりすべきで、うやむやにしてるのが問題。

誰に聞いても、先生のメリハリのある態度が必要と言うはず。

そんな話で終始し、結論がでないまま、別れることになった。

新年を迎え、年賀状は出したが、先生からは寒中見舞いの返信。

その後の職員との軋轢については、一切報告はなく、時は流れた。

そして、年賀状を交換すること5年、昨年秋、先生から直接の電話。

職員も辞め、事務所も正常になったので、事業承継を進めたいとのこと。

それまでの経緯を訊くと、冗長したベテラン職員に他の職員が反発。

ついには、職員たちが傲慢な上司を辞職に追い込んだという。

それまでの経過がお客さんにも知れ渡り、担当だったお客も納得。

その職員は辞めたことで、お客さんが離れることもなかった。

その結果、所長の意思を尊重した職員も事業承継に賛意を示した。

相談を受けてから、なんと2か月もしない内に、承継が完了してしまった。

これも先生との関係が、数回の年賀状で保たれたからこその結果だ。

おろそかにできなかった一通の葉書でした。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.