エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

先週、元部下だった出版社の社長が、代表取締役を降りたが?!

投稿日:

ある業種に特化した定期刊行物を出版物、同時に同業種企業を組織化。

全国的な経営研究会を組織することで、厳しい環境下にある出版を維持。

自ら編集長、業種研究会の主宰者として、20年間を走り切った。

年齢はまだ60歳だが、数年前に東京から北陸の地に移住。

東京での仕事は、月に数日。本社の業務は息子の副社長が統括。

自らは編集長として全国を走り回っていたが、それも若い社員に交代。

60歳で第一線を引くことには、社内からも不満が出ていたようだ。

しかし、出版は新鮮な感覚が必要であり、還暦で第一線から撤退を決意。

30代前半の息子さんに経営を任せることに、確かに不安はあった。

もちろん、息子さんに手渡すことで、社業が立ち行かなくなっては論外。

そこは少々不安でも、考えるのは休むに似たりで、まずは一歩前へ。

自ら創業した企業から身を引くことの難しさは、支援室で多く見てきた。

利益が出ず、借金で首が回らなくなっての退陣するのは、仕方がない。

しかし、資金面を含め、経営が順調なときに退陣を決意するのは難しい。

しかも、年齢的にはまだこれからという60歳、あとの数十年はどうする?

今回の引退劇にも、実は顧問税理士が社長をバックアップ。

副社長の経営に関しても深く理解し、社長との橋渡役も演じた。

そう、経営を見ている税理士の役割として、良くある話でもある。

最も相談に乗る先生方が年上で、ひょっとして後継者がいないかも。

しかし、今回の引退劇の相談役の先生は、既に対策終了。

実に後継者のいない先生からは、恨ましがられる税理士さんでもある。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.