エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士法人が大同団結し、超大型税理士法人が全国制覇へ!

投稿日:

今や税理士事務所も法人化への流れが、急ピッチで進んでいる。

創業所長が勤務税理士と共に法人組織にする例も多い。

そんな中で、家族で組織する同族法人しか認めないという税理士も多い。

これは後継者は、自分の子弟しか認められないと考えているため。

このような人は、資格のない子弟を資格者と結婚させようとする。

娘さんを大手監査法人に勤務させ、見事婿さんを確保した例は少なくない。

しかし、息子さんが資格がないため、資格者の女性をめとる例は少ない。

そこで、独立採算を前提にした税理士法人に加入して、存続を図る例も。

経営者が死亡したら、税理士法人の中から後継者を決めることになる。

同じ名前の税理士法人が各地にできることで、スケールメリットもでる。

コンビニのように各地に展開されれば、支店をもつ企業にも便利。

コンビニと同様にフランチャイズと考えれば、加入もしやすい。

お客も全国各地にある税理士法人に任せることで、安心感も出る。

業務内容を全国共通にする必要はなく、良い点だけを採用する手もある。

これは個人の事務所を会員とするだけでなく、税理士法人も会員に。

各地の一番手の法人が大同団結、全国県庁所在地を制覇する。

こうなると、一部の会員で独立採算を止めて、経営を一体化する例も出る。

監査法人が今の体制になるまでに、35年余りを費やしている。

それを考えると、早々急激にことが運ぶとは考えられない。

しかし、法人制度が誕生して13年を経過。

一部の税理士法人が独立採算型で活動している例を見れば、意外と早い?

さて、誰が動くか、見守りたいところだ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.