エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

誰も文句を言わない、マイナンバーの家族一括配達?!

投稿日:

家庭内でお金がなくなる、゛窃盗犯゛で一番多いのが家族。

もちろん、同居の家族に金を盗まれたといっても、警察は動かない。

刑事事件として取り扱ってもらえないが、他人であれば立派な窃盗。

子供にお金を盗まれたなんて、みっともなくて警察に言うはずもない。

しかし、こども時代はそれでもよいが、大人になってからはどうだ。

遊ぶ金を親にねだる、渡さないと、黙って親の財布から失敬する。

どこの家庭でもありそうな話だが、これまた他人には話せない。

終いには、親の預金を黙って下ろしてしまうなんてことにも。

数年後のことだが、預金口座を開くにも、マイナンバーが必要になる。

もちろん解約の際も、このナンバーが要求されるだろう。

このマイナンバー、80年間は変わらないのでほぼ一生もの。

一度このナンバーを知られてしまうと、変えられないから、大変。

本来自分だけの番号、最高機密を知る手がかりがこの番号にある。

そんな個人情報を集約する番号は、本来個別に配布されるべきもの。

先日届いた簡易書留は、世帯主名で届き、家族全員の番号が同封。

未成年者の番号を同封するのも、首を捻るのだが、成人は別でしょう。

各人が預金等を持っているだけに、これは個々に送付し、秘密は守るべき。

そう先輩国の米国でも、社会保障番号は各人が守り、他の人には知らせない。

あくまでも個人の秘密であり、守られるべき番号はのはず。

あちらでは生命保険商品を購入する際も、この番号が必要。

自らの財産を守るため、社会保障番号は自分以外には知らせない。

それほど厳しき管理している職業会計人もいるほど。

そんな大事なマイナンバーを家族にも知られるように送るとは?

家族だから知られてもいいだろう、そう考える。

冒頭記したように、窃盗犯は家庭内にいる、というのが常識。

しかも、訴えることができないだけに悲劇も起こる。

事実、新聞を賑わす殺人事件の犯人は圧倒的に親族だという。

それもお金に原因ありの事件も多い。

マイナンバーを知られても、そんな悲劇は起こりません、と断言!

今回は、オーバーすぎるほどオーバーに、杞憂に終わるだろう話を!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.