エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ダブルマスターの悲哀、就職にも不利が!

投稿日:

大学院で会計と法律を専攻し、それぞれ修士論文に合格。

税法と会計、合わせて五科目の試験を受けずに税理士資格を取得。

この制度に異論が出て、今は会計と税法それぞれ1科目は試験合格 が必須。

しかし、旧制度で試験が免除になった税理士は、かなりいる。

親が税理士で、子弟が事務所を承継するために、ダブルマスターに。

親の強い勧めで大学院に行く、こんなケースも少なくない。

子弟にしてみれば、親が築いた城を守ることはでき、気が楽。

親が長生きしてくれれば、代替わりしても親の威光は続く。

創業ではないの、営業に没頭する必要もない。

もちろん良いことばかりではない。

一番の気がかりが、なんといっても、税法。

そこが突かれるのは、税理士の師弟ではないダブルマスター。

税理士事務所にも勤めていない場合には、就職も難しい。

なんといっても、税法が商売道具だけに、その学習が問題。

事務所に入ってから、税法を勉強するというのでは、雇用主は?

給料を払って研修、経験を積んで、数年後実力がついたら独立。

事務所には税理士は一人で良いという先生には、ダブルマスターはNO。

8年ほど前、娘をダブルマスターで、税理士資格を取らせた番頭さんがいた。

その娘さんの名付け親は、番頭さんの仲人である事務所の所長さん。

そんな娘さんだから、所長も喜んで2年間実務研修を受け入れた。

ところが資格を取ると、番頭は娘と共に退職し、新事務所を設立。

しかも、担当していた顧問先をすべて娘の事務所に引き抜いた。

実際にあったひどい話だが、ダブルマスターにこんな一面もあった。

こんな噂を聞いた税理士が、履歴書を見た瞬間に、排除してしまうのかも。

その一方、ダブルマスターで免除された税法を、数年かけてしっかり研究。

それも、税理士予備校で徹底的に勉強し、論文を機関誌にも発表。

実務も併せ、誰にも負けないダブルマスターと公表する税理士も。

こんな税理士なら、独立しても心配なしだろう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.