エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

お客さんの立場で、会計と共に経営を考える、それが仕事だ!

投稿日:

税理士事務所の仕事は、記帳代行から税務申告書の作成・申告で終わる。

そんなことで、顧問先の社長は納得するはずがない。

もちろん、それだけの業務しか、期待していない顧問先も多い。

経営問題を真剣に考えるより、営業だけに必死というのが多くの顧問先。

果たして、金を効率的に稼ぐためのアイディアを先生に訊く。

そんな顧問先がすべてだとしたら、税理士は疲労困憊のはず。

同時に税理士事務所の職員が、的確な対応をできるのだろうか?

お客さんから経営資料を受け取り、それを元に記帳、月次決算を組む。

ほとんどの事務所で、担当者が領収書などを元に、数値の打ち込みをする。

もちろん、入力はパートの職員などが担当する事務所も多くなっている。

しかし、担当するお客さんの資料を処理するのは、自分の仕事としている。

だから、他の職員には任せず、自分で処理するという職員もいる。

いわゆる、仕事が好きな職員たちだ。

顧問先を訪問し、領収書などの資料を受け取り、事務所に持ち帰る。

夕方に事務所に戻り、それから資料をパソコンに入力する。

当然、残業となるはず。実に効率的な業務展開とは考えられない。

顧問先の担当者が入力を行うことを止めて、何をするのか?

成長している事務所は、そう、社長の悩みを精力的に解決する姿勢。

先回りして、顧問先の問題点を指摘し、事業展開を助ける。

過去の数値をまとめ上げることから、卒業。

そんな事務所になることこそ、生き残れる方策なのかもしれない。

しかし、税理士事務所に期待する業務は、今まで通りで良い。

余計なこと入らないというのかもしれない。

果たして、税理士事務所の未来は?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.