エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

そろそろ盆休み。例年のことですが、子弟の帰省で相談も!

投稿日:

先日も高齢の先生からご相談がありました。

いわく、息子も会計士として都会で働いているが、跡を継いでくれるよう話している。

しかし、田舎に帰って、税理士として生涯過ごすつもりはない。

併せて、子供の教育もあり、都会を離れるわけにはいかないし、税理士に魅了を感じない。

答えはすべてノ-だという。それでも、一代で築き上げた事務所を他人に渡したくない。

お客さんも息子が、後を継ぐものだと信じている。

会えば、「息子はいつ帰って来るんだね。先生もいい年だから、こちらも不安だよ」と言う。

皆が皆、そんなお客ばかりではないが、息子さんがついでくれれば、お客も一安心。

そう考えると、今回の帰省の際にもう一度、話し合うことにする。

それでもダメな場合は、良い人を紹介してもらいたい。

息子さんが会計人になったことで、跡取りができたと喜んでいたが、今は悩みの種。

これこそ、親父の背中を見ていたが、結果、跡を継がない典型的なパターン。

このようなケースで、説得されて故郷に戻る例はほとんどない。

これが東京の先生であれば、ほとんどの場合事務所を引き継ぐ。

宮仕えしているより、経営者として働くことに生きがいを見いだせるし、お客も引き継げる。

お客が減っていると言われるが、まだまだ経営を強化できる内容も多い東京。

しかし、地方都市ではそうはいかない。後継者がいなくて廃業する一般企業も多い。

それだけに先行きが見えないことからも、田舎に帰って跡を継ぐ選択ができにくい。

これまでの130件を超える仲介事例でも、このパターンは1割近くある。

今後もこのようなケースは多くなることはあっても、少なるなことはないだろう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.