エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

身内の事業承継、一寸した行き違いでこじれると?!

投稿日:

地方都市の先生から、電話での相談がありました。

税理士の義理の息子と反りが会わず、顔を会わせると言い合いになる。

自分も歳だから、自分で処理できるお客さんだけを残し、独立させる。

事務所を分裂し、婿に出て行ってもらおうと考えている。

こじれた関係を修復できそうもない。

仲間の税理士には相談できないので、事業承継のプロに訊きたいというのだ。

いわく、年長者を敬わない、感謝の気持ちもない、言葉遣いがぞんざいだ。

話をすれば食って掛かってくる。終いには独立を匂わせる。

聞けば聞くほど、どうやらどっちもどっちの様相。

先生の愚痴を聞くだけ聞いたあとに、就業状況などを訊く。

婿さんは40歳、資格は4年前の取得だが、会計事務所歴は15年。

法人・所得・消費税など税務はもちろん、職員と指導や採用なども担当。

副所長として、十分過ぎる仕事を立派にこなしている。

その給与を訊いてみると、30代中盤の職員より若干高い程度。

義理の父親に「お義父さん、給料あげてください」と素直に言いにくい。

仕事の内容から考えると、婿さんの言い分も納得できる。

ネックが双方が素直になれないこと。

税理士としての大先輩であると同時に、女房の父親だけに甘えられない。

婿さんも如才のない人なら直ぐにも話ができるだろう。

残念ながら、口数も少なくとも、言えばぶっきらぼうな言葉遣い。

これに義理の父親にもカチンとくるのだが、ここでひとつの提案。

婿さんの給与を大幅に上げなさい。先生より高くても良い。

娘さんも同席させて、大幅な給与をアップし、期待している旨を告げる。

それでも満足しないのであれば、独立させる。

実はお金の話ほど、すんなりいかないのは誰もが知っている。

それが家族であればあるほど、話はややこしくなりますね。

こんな話で終わったが、果たして結論はどう?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.