エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士さんも鬱になっているケースが見られます。

投稿日:

現代人にとって、鬱(うつ)はどこにでもある病のようです。

自分でも分からないうちに鬱状態になっていることが、ほとんど。

なんとなくお客さんと会いたくない、自分では行かずに職員任せ。

そこでうまく回っていくと、ますますこもりがちになることも。

また逆にお客さんとの交流は積極的だが、必ずそこで一言多くなっている。

何故だろうかと調べてみると、常に上から目線では、経営に関しても独断的な批判。

若い経営者は素直に先生の話を訊こうとするが、時代感覚に違和感を感じる。

そのうえ、先生は若い経営者の話は聞かずに、一方通行の経営指導に終始。

実際には、この先生は鬱で病院通いをしていたのだが、お客さんには話ができません。

鬱状態がひどくなると、自分の感情を抑えることができなくなり、言葉使いも悪くなっていた。

その結果、「先生、親父の代だったから任せていたが、自分は契約しませんよ」

こんな断りを受けた先生もいます。

もちろん、事業承継のお手伝いをする時に、この状況を的確に把握することはできません。

話し合いを進めていく段階で、「こりゃぁ、おかしいぞ」と思えることもあります。

しかし、ご本人が承継をするという段階になっていますので、いち早く開放するのが重要。

ご自身が一番わかっているので、的確な相手を探し、無事承継を終えるようにします。

税理士稼業は対人の仕事ですから、鬱は大敵ですが、不治の病ではありません。

病とうまく付き合って無事仕事が終了すれば、問題はないでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.