エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

どうか、お父さんは仕事をしてください。濡れ落ち葉は嫌です。

投稿日:

まさか、税理士さんにこんな事情がある方はいないでしょうね。

定年を迎えたサラリーマンの奥さんが、よく言う言葉のようです。

毎日決まった時間に家を出て、帰ってくるのもほぼ同じ時間。

奥さんにとって、こんな習慣は実にありがたいものです。

子育ても終わり、やっと自分の時間が持てたのに、また新たな負担が。

そうなんですね。子育ての時にはお父さんの収入が何より。

一般的なサラリーマンに比べて、余裕のある収入がある税理士に満足の奥さん。

もちろん、サラリーマンの奥さんに比べても経済的にはゆとりがあることも認識済み。

しかし、夫がサラリーマンと同じように仕事を辞めて、毎日が日曜日になるには抵抗も。

「定年のない税理士だから嫁に来たのに、、」とは、言わないだろう。

でも、会社の規定によって、仕方なく辞めさせられる職務ではない税理士。

そんな税理士である夫が、突然辞めると言われても、奥さんは納得できません。

ここ数年税法が細かく改正される中で、税理士もその対応に相当の心を砕いている。

対応を誤ると、当然将来的に損害賠償なども請求されることも無きにしも非ず。

単純に記帳代行だけで税理士業務が終わっていれば、問題はないのだが。

税法との関連で、一度間違いを犯せば、数か月の業務停止は必定。

日ごろから税法との”格闘”を余儀なくされている税理士として、処分などもってのほか。

それを避けるとき、当然税理士資格を返上することも、大きな選択の一つ。

濡れ落ち葉は嫌だと言われても、税理士業務の大変さを考えれば、もう辞めます。

そんな決断をされた税理士さんの相談を受けるとき、無情に親子の愛情の希薄さを感じます。

何故でしょう。税理士業務の大変さを、ひょっとすると、奥さんや家族は分かっていないのでしょう。

きっと、そうに違いありません。

父親が業務を継続するリスクを考えるとき、家族はそのリスクを理解できないハズです。

「もう、辞めーた」と、簡単に言える先生は本当に少ない方々です。

多分、日ごろから奥さんと十分話し合って、結論が出たに違いありません。

そうであれば、”濡れ落ち葉”発言は、絶対に出てくる言葉ではないでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.