エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

地方出身者で単身者と都内の自宅から通う人?どちらを選ぶ?

投稿日:

税理士事務所の人事の話ですが、どちらを選ぶでしょう?

自宅から通う人は、親も同居の可能性は高いので、信用ありです。

採用の際に個人情報も分かりやすいので、安心できる要素が沢山あります。

保証人情報も分かりやすいので、所長税理士も安心できます。

そうなると、東京や大阪などの都会では、どちらが採用しやすいのでしょう。

地方出身者の場合は、トラブルがあったとき、対応に時間がかかる。

もう少し、条件を絞りましょう。

地方出身者は多くの場合、独身で独り住まい。

まあ、事務所に公開する際の情報では、アパートやマンション住まい。

一方、都内出身者の場合は、ほとんどが家族と同居。

雇う税理事務所の経営者としては、どちらを選ぶでしょう?

事務所所在地の近隣の顧客がほとんどとなれば、自宅から通う人。

これは、職員が数人の事務所。

しかし、規模が大きい事務所・法人では、そうなりません。

自宅から通う人より地方出身の独り住まいの人を選びます。

なぜでしょう?

単純です。自宅から通う人は、親からのノーが多いのです。

例えば、残業です。

定年後の親が一緒にいると、とかく子供の勤務状況に口を挟みます。

「毎日々、残業で会社は何を考えているんだ。身体がもたないぞ」

そんな親の声が聞こえてくると、経営者もそろそろ判断します。

「子供が独り立ちさせられない親元から通う彼は限界だね」

難しい判断ですが、そう判断する経営者にも一理ありますね。

入社式ににも親が参加する時代ですから、その判断も正解でしょう。

事業承継支援室長

大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.